2007年02月09日

インポと高齢化社会

インポと高齢化社会の関係
潜在的なインポテンツ、インポとしては、高齢化社会との関係が無視できません。従来は、高齢者の性生活は論じる事が避けられてきました。現在はバイアグラなどの薬も発明され、心身が健康な高齢者増えているので、この問題に直面している中高年の潜在的な存在は、多数に及んでいます。


現役期間の長期化
性生活には個人差があるとはいえ、いわゆる「性の現役期間」は、当然、長期化しています。その意味で、潜在的にこの問題で悩む男性の数は、今後も増えてくるでしょう。

60歳以上の年代でも、性交に対する願望は当たり前に保持いるという事です。高齢社会におけるシルバーライフを豊にするために、性生活は、今後ますます大きな意味を持ってくると考えられ、その意味で潜在的に、ED(インポテンツ、インポ、勃起障害)の悩みを抱える人は増えて行くはずです。

スキンシップ
高齢者の性的な交流は、必ずしも具体的な性交に至らなくても、性的なスキンシップなどで十分な充実感を得る方法もあります。
その意味では、ED(インポテンス、インポ、勃起不全)が、そのままパートナーとの性的交流の障害を意味するとは言えないケースもあります。

加齢によって、勃起能力が衰えてくるのは確かですが、高齢化社会においては、ED(インポテンツ、インポ、勃起障害)イコール性生活の障害というわけではありません。しかしながら性行為ができるに越したことはありません。次回はそんな高齢者の夢の薬と言われる精力剤について記載します。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。